2018.07.02

海外消防FIRE REPORT,ラスベガス市消防局,消防車,消防車両

FIRE REPORT #149 ラスベガス市消防局視察調査報告「銃乱射テロ等大規模殺傷事件への消防対応」

  • LINEで送る

FIRE REPORT #149 LAS VEGASFIRE & RESCUE ラスベガス市消防局視察調査報告 「銃乱射テロ等大規模殺傷事件への消防対応」

2017年10月1日午後10時すぎ(日本時間2日午後2時すぎ)、アメリカ西部ネバダ州ラスベガス中心部にあるホテルやカジノなどが入ったストリップ通り沿いにあるマンダレイベイホテルで、フルオートの機関銃とライフルなど複数の銃を使った銃撃事件があり、約59名が死亡、約527名が銃創や避難時に重軽傷を負った。

銃撃現場には数分以内にラスベガス市消防局の30台以上の消防車と108名の消防士、ラスベガス市警察局の警察官とスワットチーム、50台以上の救急車と100名を超す救急隊員が出動し、救命活動に当たった。

日本で銃撃テロが行われることは考えにくいが、今年4月13日に東京・府中市の建設会社の寮の一室から拳銃10丁と実弾200発以上が見つかった事件があり、暴力団や外国人犯罪組織、銃器薬物の密売グループなど、国内の治安に大きな影響を及ぼす組織犯罪が増え続けている日本の現状において、何らかのタイミングで一度に数百名の死傷者を出す規模のテロは起こる可能性がある。

もし、このような消防隊員にも身の危険が及ぶ大規模殺傷事件現場に出動する場合、先着隊になる消防は逃げ惑う群衆のなかをどうやって現場に駆けつけ、トリアージを行い、負傷者の救急対応を行うべきだろうか?
このたび、消防における大規模テロ対応の研究目的で、ラスベガス市消防局を取材した。

サニーカミヤ
元福岡市消防局レスキュー隊小隊長。元国際救急援助隊所属。元ニューヨーク州救急隊員。台風下の博多湾で起きた韓国籍貨物船事故で4名を救助し、内閣総理大臣表彰受賞。人命救助者数は1500名を超える。世田谷区防災士会理事。G4S警備保障会社 セキュリティーコンサルタント、FCR株式会社 鉄道の人的災害対応顧問、株式会社レスキュープラス 上級災害対策指導官。特定非営利活動法人ジャパンハート国際緊急救援事業顧問、一般社団法人ASISインターナショナル理事。防災コンサルタント、セミナー、講演会など日本全国で活躍中。

文・写真 サニーカミヤ

サイコロのデザイン
ラスベガスらしい、サイコロのデザイン。消防車が走ると振動で転がっているように見えるとか。
消防車のボディー
消防車のボディーは若手隊員によって指紋一つないほど磨かれている。また、積載資機材のメンテナンスも隅々まで行き届いており、油圧器具など傷はあるものの汚れはほとんどない状態だった。
レスキューハーネス付防火衣隊員同士の救出や緊急脱出に用いるレスキューハーネス付の防火衣。
レスキューハーネスの持ち手レスキューハーネスの持ち手は第7頸椎近く、空気呼吸器の肩バンドの交差部にあり、緊急時はいつでも簡単に取り出すことができる。現場で消防士が倒れた場合は空気呼吸器を着装したまま、このレスキューハーネスを使って引っ張り出されることもある。
キャスティロ氏
ラスベガス市消防局本署のステーションツアーを快く引き受けてくれたキャスティロ氏。

マンダレイベイホテルの銃撃テロの前日、ラスベガス市消防局では関係機関と合同で大規模殺傷テロ対策の訓練を行っていたそうで、訓練の翌日に本当に起こるとは思わなかったそうだ。
実はパリの同時多発テロのときも、テロが起こった当日の午前中にパリ市の関係機関による同時多発テロ対策訓練が行われており、本当にテロが起こったとき、訓練参加者のほとんどは帰宅途中で、「誰か冗談を言っている」と信じて疑わなかったと聞いている。
銃撃テロ発生時、他のホテルでも同時多発テロが起こるかもしれないという指揮者の判断で、数台の消防車と救急車のみを出動させた。さらに犯人が自爆テロ等で火を放つことを予想し、マンダレイホテルの北西側の連結送水管近くの水利に待機させたそうだ。
また、待機していた消防隊員は全員、大規模殺傷事件用の対策キットと感染予防手袋とゴーグル、止血帯等の在庫すべてを車両に分散して詰め込み、現着後は、数百人の止血処置が優先されることを悟っていた。

Reference

PICK UP オールエイド的救急バンデージ「SWAT-T」

特別なトレーニングを受けていない人でも、簡単に早く救急処置が行えること、練習すれば15秒ほどで装着できること、そして、四肢だけではなく、頭部や体幹部の止血や圧迫ガーゼなどの固定にも使えることが特徴だ。
何よりも他の止血・圧迫用具と「SWAT-T」の大きな違いは、子供やペットにも使えるという点で、一般市民向けの救命セットに適していると言えるかもしれない。
ペット用の酸素マスク
アメリカ全土の消防車や救急車にペット用の酸素マスクが積載されている。もちろん、ラスベガス市消防局でもペットの救急法トレーニングが毎年行われており、犬や猫が火災現場で一酸化炭素中毒になったときなど、飼い主が居ても居なくても助け出して救急処置し、必要があれば獣医師まで搬送手配している。



大規模殺傷テロ対策訓練メニューの内容をキャスティロ氏に尋ねてみたところ、自動小銃乱射等の銃撃による銃創、ナイフによる襲撃殺傷、さまざまなタイプの爆弾による爆傷、簡単に入手できる毒劇物や化学薬品による曝露対処、そして、歩行者天国やデモ等に車で突入するラミングアタックや航空機テロまで、すべてのテロ事態発生時の群衆管理やパニックコントロールから各外傷別の救急活動までをカリキュラムにしていると話していた。

消防組織人材構成モデル
アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が示す消防組織人材構成モデルによって、米国国内の消防士の教育・知識、及びすべての消防技術基準が定められており、最低限のレベル評価を毎年パスしなければ、プロフェッショナルとして現職をキープできないほど厳しく組織管理されている。


消防士のがんリスク対策への取り組み

2012年にアメリカで、消防士のがん予防を研究するグループが、「世界の消防士のがん発生率は63%。発がんリスクの高い有毒なすす等を発生する塗料や素材が燃焼する火災現場で、現場活動中は空気呼吸器で有毒化学物質や生物学的病原体を直接吸わなくても、防火衣、ヘルメット、空気呼吸器、ホースや筒先、鳶口、ロープなどにも発がん物質と疑われるものが付着している場合がある」と発表した。

活動後の防火服
防火衣等の装備品に発がん物質と疑われるものが付着している場合がある。

現場活動終了後、帰署中の車内や帰署後の片付けの際に個人装備等の保管時に間接的に除染されていない有毒なすすを吸ってしまったり、経皮吸収していることでがんの発生率が高まるため、具体的にどのように個人装備や資機材に付着した発がん物質を除染するべきかの研究が始まった。

そのため、今年度からラスベガス市消防局では、消防士のがん予防プログラムの一つとして、防火衣専用の洗濯機が導入されるそうだ。

現場活動終了後、帰署前に火災防御活動で付着した防火衣の有毒な化学物質や有害なすすなどを十分に除染して脱衣し、専用の袋にまとめ、消防署で付着した物質に応じた洗剤や除去剤を使って洗浄する徹底した取り組みだ。

25ミリや40ミリの高圧放水シャワーセットは、放射能物質や化学物質、毒劇物に曝露した際の除染にも使われており、大げさな除染施設を組み立てる前に、1秒でも早く、次々と除染するシステムを積載している。


警察・警備におけるテロ対策への取り組み

ラスベガス市警察局のパトロール隊員は主にマウンテンバイクで市内をパトロールしている。パトロール用のマウンテンバイクには手錠、警棒、水、マスク、日焼け止め、救命セットを積載しているそうだ。胸板が厚いのは耐ナイフジャケットを着ているからだそうで、「ビールの飲み過ぎではないよ」と笑って答えてくれた。

ラスベガス市の条例で、警備員は現場に居合わせるファーストレスポンダーとなる可能性が高いため、毎年、最低40時間の事態救命訓練(止血処置、心肺蘇生法、搬送救助法)を行っている。
アメリカでは約70年前から、消防や警察だけでなく、警備会社、企業の自衛警備社員や自衛消防隊員、フリーランスの医者や看護師、産業医を含め、民間企業も連携して、本格的なテロ等事態救命訓練を行っている。

ラスベガス市警察局のパトロール隊員。有事に対処できるよう常に万全の装備。
世界最大の警備会社であるG4S Las Vegas支社の警備訓練指導官キャスティ氏。


幅広い救急対応のために

ラスベガス市消防局を訪ねて感じたことは、日々、厳しい訓練と悲惨な災害現場に出動しているからこそ、心のゆとりというか、遊び心も必要だということ。
そして、今回の取材で、刃物による外傷、銃創、爆傷時の止血だけではなく、骨折処置、応急担架搬送時の患者の四肢の固定、さらには犯人の拘束など、幅広く救命救急処置の用途に使えるオールエイド的救急バンデージ「SWAT-T」を実際に手にとって、さまざまな使い方などを学ぶことができたのは大きな収穫だ。こうしたアイテムであればコンパクトで簡単に処置できるため、現場で使える人に感染予防手袋と一緒に配ることで、負傷者を待たせることなく、救命処置ができる。

大規模殺傷テロ対応は、救命処置のスピードが第一に求められる。現場に居合わせたファーストレスポンダーの協力を求めることで救命率は高くなる。

これから消防が秋葉原殺傷事件やオウム真理教による地下鉄サリン事件等の大規模なテロ事件に出動する際、同時多発的に何百人もの死傷者が出た場合の迅速な救急対応として、「SWAT-T」のような使用用途の幅広い救急資機材を備え、応用的なトレーニングに励むべきだと思う。

ヘルメット
救助ポンプ車小隊長の赤いヘルメットには百戦錬磨の傷跡があった。
PICK UP U.S.A.救助活動の現場で導入
SWAT-T 止血帯

子どもや動物、大きな体躯の要救助者などすべてに対応! 素早く確実な周圧迫が可能な救命止血帯SWAT-T

¥2,500

ご購入はこちらから

士気向上、名誉の証「チャレンジコイン」

チャレンジコインは、帰属意識や士気を向上させるため、隊長や上司から隊員に与えられる直径4センチほどの円形の金属製コインで、とくに卓越性のある活動をした隊、特別な業績を上げた隊員、または組織にとって名誉な功績など、さまざまな理由で隊や個人に贈られる金属製のコイン。貨幣通貨ではない。
チャレンジコインのサイズやデザイン、形状、スタイル、色使いはさまざまで、消防以外にも警察、沿岸警備隊、ライフガード、FBI、CIAなどの公的機関も作っている。使用目的も、消防博物館や消防署などで販売されているお土産等のギフト用から所属隊員のみに与えられる表彰用、市民による救命表彰用など、チャレンジコインを受け取った人の志気を高め、同じ意識を持つ仲間との友情を作り、良い行いへの動機付けをし、相互に刺激し、特別な機会を与えられた記念として活用されている。
チャレンジコインラスベガス市消防局のチャレンジコイン。アメリカの消防士達なら、ほぼ誰でも持っていると言われている。
ワッペンラスベガス市消防局のワッペンは、ワッペンコレクターに大人気のデザイン。現在は生産終了となったこの「ロイヤルストレートフラッシュ」はどんな災害でも対応できるオールマイティーの意味があるそうだ。
Tシャツ・チャレンジコインをお買い上げのお客様に「ラスベガス市消防局ポストカード」プレゼント!
ラスベガス市消防局Tシャツ1

消防車両やチャレンジコインにも描かれているラスベガス市消防局のマークがはいったデザイン。

¥1,900

ご購入はこちらから

ラスベガス市消防局Tシャツ2

ラスベガスの町並みにFIREの文字がグラフィカルに浮かび上がるかっこいいTシャツ

¥1,900

ご購入はこちらから

ラスベガス市消防局Tシャツ3

星条旗のスクラッチ&ドロッピングデザインが力強い
Las Vegas Fire & RescueTシャツ

¥1,900

ご購入はこちらから

ラスベガス チャレンジコイン

ロイヤルストレートフラッシュが描かれたラスベガス市消防局でしか手に入らないギフト用のチャレンジコイン!

¥1,300

ご購入はこちらから

LAS VEGAS FIRE & RESCUE NOW PHTO GALLERY

滑り棒今ではほとんど使われなくなった滑り棒。昔はこの棒で降りてくる消防士の姿にあこがれたものだと語っていた。
Flag of HonorFlag of Honor (名誉の旗)には、赤いストライプの部分に911同時多発テロで殉職した343名の消防士達の名前が刻まれている。
#vegasstrongTwitterで#vegasstrongのハッシュタグを探すと、ラスベガス市が主催あるいは協賛するテロ犯罪予防イベントや市民教育コミュニティー活動等、地域を安全にし、テロに負けないという地域住民の意識を盛り上げるためのさまざまなコンテンツを見ることができる。
放水操作ユニット色分けされたポンプ車の放水操作ユニット。バルブとゲージのカラーコンビネーションで送水ミスが起こらないように工夫している。また、各バルブの目的もレバーに記されていて分かりやすい。
廃棄ホースブースターホースの40ミリホースから、消火栓取水用の100ミリホースまでを使っており、廃棄ホースはトレーニングに使われることが多い。
ディスプレイ正面玄関にはミニ消防博物館のようなディスプレイがあり、約240年間、ラスベガス市を守ってきた歴代の消防局長の方々の写真をはじめ、昔の消防活動写真や表彰の数々があった。
ツインタワーの部材ニューヨーク市消防局が全米の消防局に贈った、911同時多発テロで崩れ落ちたツインタワーの部材の一部。
WTC343ヘルメットのWTC343の意味は、WORLD TRADE CENTERで殉職したニューヨーク市消防局の消防士、343名を表している。
車両・機器管理ボディーには指紋も付いておらず、フロントガラスには一点の曇りも無く、水垢さえ付いていない。もちろん、金属部分のさびもなく、タイヤの溝に石なども詰まっていないほど、車両・機器管理が行き届いている。
星条旗消防車の後部に付けられた大きな星条旗は、マンダレイベイホテルの銃撃テロが起こった2017年10月1日からの1年間、犠牲者を追悼し、「テロに屈しない」という愛国心と国民の誇りを表し、「ラスベガス市を守る」というプライドの象徴にもなっている。
車両ロゴラスベガス市消防局の決意表明を記した車両ロゴ「HONOR(栄誉)、TRUST(信頼)、DUTY(任務)、INTEGRITY(誠実)」はステータスを感じる。
  • LINEで送る
シグナルのカタログを無料配布中!シグナルのカタログを無料配布中!

カテゴリから探す

FreeCall 0120-607-444 受付時間 9:30-17:30(土日祝除く)

シグナルLINE公式アカウント 商品ご意見フォーム CSR PELICAN正規代理店 スターオブライフ

シグナルのカタログを無料配布中!

シグナルのカタログを無料配布中!シグナルのカタログを無料配布中!

PAGE TOP