• RescueGuide(レスキューガイド)心肺蘇生音声誘導器「RescueGuide」。最新版ガイドライン準拠。一刻を争う緊急事態に、音と光で安心ガイド
  • 手の中に納まるサイズで携行しやすい手の中に納まるサイズで携行しやすい
  • 胸骨圧迫の適切な場所を示す中央ボタン配置胸骨圧迫の適切な場所を示す中央ボタン配置

RescueGuide(レスキューガイド)

¥1,650(税込)

発送日 【在庫あり/残りわずか】の場合
最短翌営業日発送

詳細はこちら

数量

※在庫あり

  • LINEで送る
  • スペック(仕様)
  • 商品番号

スペック(仕様)


[サイズ] 幅5.7cm×高さ6.6cm×奥行2cm
[重量] 40g(電池含む)
[電池] 単4電池×1本(テスト用電池付属)

■緊急/災害時救助・防犯ブザーを下部に搭載
■音声ガイド連続動作およそ1時間

<利用の流れ>
・ボタンを押すと音声ガイドが心肺蘇生の手順を誘導します。
・心肺蘇生誘導中、光点滅(100回〜120回/分)により胸骨圧迫のタイミングを知らせます。
・心肺蘇生誘導後、音声ガイドの「ありがとうございました」で救助者の心をケアします。

【監修】
一般財団法人日本AED財団

【共同開発】
国際医療福祉大学医学部 准教授 川岸久太郎先生
一般社団法人全国救急救命士教育施設協議会副代表理事 国際医療福祉専門学校 特別顧問 増茂誠二先生

【推薦】
一般社団法人全国救急救命士教育施設協議会代表理事 国士舘大学大学院救急システム研究科 教授 田中秀治先生
一般財団法人日本AED財団 専務理事(京都大学 環境安全保健機構 教授) 石見拓先生
近畿大学大学院 医学研究科 救急医学 教授 平出敦先生
前日本医科大学千葉北総病院救命救急センター長 南多摩病院院長 益子邦洋先生
千葉大学医学部附属病院救急部・集中治療部教授(部長) 織田成人先生
君津中央病院 救命救急センター長 救急・集中治療科部長 北村伸哉先生
日本集団災害医学会名誉会員 千里救命救急センター名誉所長 太田宗夫先生
帝京大学ちば総合医療センター救命救急センター 教授 森脇龍太郎先生
一般財団法人救急振興財団救急救命東京研修所 教授 徳永尊彦先生
千葉市医師会救急担当理事なかむら医院 院長 中村眞人先生
千葉市医師会
市原市医師会

【開発支援】
信州大学
信州メディカル産業振興会

商品番号

商品番号 20823 

このアイテムを購入したユーザーは、こんなアイテムも購入しています

シグナルで販売中の各種医療ツール/現場装備

このアイテムに関するお客様の声

レビューを書く

レビューはまだありません。

関連キーワード

カテゴリから探す

FreeCall 0120-607-444 受付時間 9:30-17:30(土日祝除く)

シグナルLINE公式アカウント 商品ご意見フォーム CSR PELICAN正規販売店 スターオブライフ

シグナルのカタログを無料配布中!

シグナルのカタログを無料配布中!シグナルのカタログを無料配布中!

PAGE TOP