2019.02.04

消防操法大会FIRE REPORT,消防団,滋賀県,訓練

FIRE REPORT #150_2 【我ら、消防団日本一!第26回全国消防操法大会・小型ポンプの部優勝】滋賀県日野町消防団(第3分団)

  • LINEで送る

FIRE REPORT #150 我ら、消防団日本一! 第26回全国消防操法大会 小型ポンプの部優勝 滋賀県日野町消防団(第3分団)

全国の消防団員から選ばれた精鋭が集い、その消防操法技術を競い合う全国消防操法大会。2018年に富山で開催された第26回大会で見事優勝した二つの消防団(ポンプ車の部・小型ポンプの部)を紹介!

小型ポンプの部 優勝
滋賀県日野町消防団(第3分団)

滋賀県日野町消防団(第3分団)
日野町消防団の概要
訓練の様子
操法訓練を行うのは東近江行政組合消防本部日野消防署。基本的には週5日間、朝5時から6時までの1時間に集中して訓練する。
三日月大造滋賀県知事より激励と寄せ書き
全国大会前には滋賀県庁を訪れ、三日月大造滋賀県知事より激励を受けた。また、多数のメッセージが書かれた寄せ書きも。こうした応援が出場団員の大きな力の支えとなり全国優勝につながった、と皆口をそろえる。
愛宕神社へ参拝
例年5月末前後に火の神様である京都、愛宕神社へ防火祈願に参拝するが、今年度は操法大会での健闘祈願も兼ねた。
出初め式の様子
毎年恒例の出初め式の様子。1月7日前後の日曜日午後に、指揮車と第1?第3分団の車両の計7台で町役場周辺をパレード走行し、その後ポンプ車両5台にてカラフルな祝賀放水を行う。
ポンプ車両
第3分団のポンプ車両はモリタ製のいすゞ車両で、約2年前に更新配備された新しいもの。今後入団してくる団員のことを考え、AT限定免許でも運転できるAT仕様となっている。

ホースは手巻きにこだわる

日野町消防団が操法に使用するホースは一貫して手巻き。こちらもホース巻き専門の団員がおり、その熟練の技で巻いていく。巻きの大きさ、固さなどを展張用・搬送用の目的別や選手各々の要望に合わせて細かく変え、調整できるのがその理由。とはいえ一朝一夕にできることではなく、長い経験で培った技術があって、初めてなし得る技である。

手巻きの様子

拝見!日本一の手元・足元

TONBOREXグローブ日野町消防団もグローブはTONBOREX。できるかぎり素手に近い状態で競技に臨みたいという選手の希望で、フィット感に優れた超薄羊革仕様のR-MAX1をチョイスした。薄手ゆえに競技時に替えの手袋は多数準備しておく。
MIZUNOファイヤークルー足元もこれまたMIZUNOのファイヤークルー。アスファルト舗装での競技性・軽さを重視し、9年前から同シリーズを採用している。パンツ裾は足首部分のフィット感と見た目のスリムさを重視し、伝統的に脚絆を使用。

優勝の要因は?

選手・指導者・スタッフ・全団員の自主性が優勝という成果につながったと思います。選手は1年間、しっかりと集中して訓練に励みましたし、指導する側もさまざまな研究を行い、選手を導きました。無理な押し付けをしない風通しの良い環境で訓練をすることで、大会に向けて心技体の準備が万全にできたことが大きいのではないでしょうか。

日野町消防団第3分団 分団長 清水雅司

日野町消防団第3分団 分団長
清水雅司
  • LINEで送る
シグナルのカタログを無料配布中!シグナルのカタログを無料配布中!

カテゴリから探す

FreeCall 0120-607-444 受付時間 9:30-17:30(土日祝除く)

シグナルLINE公式アカウント 商品ご意見フォーム CSR PELICAN正規販売店 スターオブライフ

シグナルのカタログを無料配布中!

シグナルのカタログを無料配布中!シグナルのカタログを無料配布中!

PAGE TOP